不妊治療とはどのようなものか?

  • HOME »
  • 不妊治療とはどのようなものか?

結婚後、子供が欲しいと望んでいるにもかかわらず、子供がなかなか授からないと悩んでいるご夫婦がかなりの割合でいらっしゃいます。
親戚や周囲からのプレッシャーなどで苦しんでいる人も多いことでしょう。

不妊の原因は、男性が原因のケースと女性が原因のケースの両方が考えられます。

まずは原因をしっかりとつきとめることが重要ですので、病院へ行って検査を受ける必要があります。
その上で、不妊治療を行っていくようにします。

不妊治療には色々な種類があります。

高度な治療内容になるにつれて、治療にかかる費用も増大していきます。
そのため、一般的には高度ではない不妊治療から始めて行って、それでも子供が授からない場合は徐々に高度な不妊治療へと移行していくことになります。

初歩的な不妊治療として挙げられるのがタイミング法と呼ばれる治療法です。
これは、女性の基礎体温を毎日測定したり、ホルモンの濃度を測定しながら排卵日を予測して性交を行うようにするという方法です。
生理不順などがある方は女性ホルモンの注射などで正常なサイクルで生理が来るように体調を整えておく必要があります。

また、排卵がしっかりと起こっていない場合には、排卵誘発剤の服用をする必要が出てきます。
男性側に原因があるかどうか調べるには、精液の採取を行って精液検査をします。
紙コップに精液を採取して受付に提出するだけの簡単な検査ですので女性に比べて負担は少ないでしょう。
精子の数が極端に少なかったり、精子の運動能力が低かったりすると、男性が原因の不妊ということになります。

現代はストレス社会と言われていて仕事などでストレスにさらされることが非常に多く、男性や女性の不妊の原因のひとつになっているという見方もあります。ストレスに思い当たる節がある方は、子供を授かることを優先して一度今までの生活を見直してみる必要があるのかも知れません。

その他の女性側の不妊の原因としては子宮や卵管の未成熟や病気などが考えられますので、産婦人科を受診して検査を受けておく必要があります。
検査は血液検査や超音波検査などが行われます。必要に応じて内診を行う場合もあります。

タイミング法を行っても妊娠に至らない場合には、人工授精という治療法を行います。
これは、男性から採取した精子を排卵日に合わせて女性の子宮内に直接注入するという方法です。
人工授精を行っても妊娠しない場合には体外受精を行います。

体外受精とは、医師が女性から採取した卵子に精子を受精させ、受精卵を女性の体内に送り込む方法です。
体外受精は費用が数十万とかなり高くなっているので、体外受精を行うかどうかは医師とよく相談してから決めるようにします。